津軽こけし館のさっちゃんが全国のみなさんと一緒にこけしについて勉強していくブログです


by tugarukokeshikan2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

68時間目 毛利工人こけし( 再度更新 )



画像が見れないということで再度、更新いたします‥!!!

こんばんはー。
スーパーなどで栗や焼き芋が売られているのを見ると
秋だ~!!って思いますねー。
売店の方もきなこ餅などのサンプルがあり、
季節が変わっていくのを感じますね♪


さてさて、本日のこけし!!こちらです!!
じゃじゃーん!!

b0216431_13513963.jpg



津軽系、毛利昭一工人のこけしです。
以前ブログ紹介した毛利専蔵工人のお弟子ですかね?

この八の字に下がった眉、大きい黒目、
しっかりしたオカッパ頭‥。
とっても優しそうで温かい感じですよね‥♪
それとは反対の胴模様。
キッと睨んだだるまは迫力があり、
今にも襲いかかってきそうです(笑)


すごいギャップですよね‥!!!!!
でもそのギャップがまったくおかしくなくて
逆に素敵なこけしになってますよねー。
そこが、魅力になっているというか‥おもしろいというか‥。


以前、毛利専蔵工人の父、茂太郎工人のこけしは
このようなこけしとまったく違う。と教えていただきました!
それで、やさしさの匠という本に掲載されているということだったので
この間、見てみました。
教えていただいたとおり、全然師弟関係がない方が
描いたんではないかと思うほど違うタイプのものでした。
素朴でいい具合に古風(?)でした。

現存しているものが少ない方だということなので
皆さんもぜひ、「やさしさの匠」で見比べてみてください♪


それでは、今日はココまでにします。
それではまたー♪
[PR]
by tugarukokeshikan2 | 2011-09-26 19:23 | こけし塾