津軽こけし館のさっちゃんが全国のみなさんと一緒にこけしについて勉強していくブログです


by tugarukokeshikan2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

抜き打ちテスト -解答-


みなさんお久しぶりです;;
えーっと抜き打ちテストの解答です!笑



★問1 こけしブログの紹介★

くるくるろくろせん
北海道在住の方です。
今年の3月に、津軽のほうに旅行へ来たのがきっかけ(?)で
こけしの虜になってしまったようです(笑)
4月にブログをスタートしたばかりだそうですね!
一緒にこけしについて、勉強していけたらなと勝手に思っております♪

きみのえがお tu sonrisa
私と一緒にこけしについて勉強しているお仲間の1人です!笑
こけし旅の様子や、ご自身のこけしコレクションなどを紹介しておりますー。
こんな私プレゼントなんかも下さるんです♪
お礼の返事をなかなか書けず…この場を借りてお礼を…;;
いつもいつも本当にありがとうございます♪

こけしのなかのわたし
阿保六知秀工人と山田部長が高円寺フェスに参加した際
お世話になった方のブログです。
全国のこけしをとても詳しく掲載しておりますー!
何かこけしについて調べるときに見させていただいてます(笑)
こけしについて、まだまだな私なので
本当に勉強になります!
各地のイベントの様子も楽しそうに書かれています♪

kokeshi Advenyures こけしの冒険
…正直、英語はまったくわかりませんが;;
以前、ご家族でこけし館に遊びに来ていただきました♪
だんな様(外国の方)と可愛らしいお子様と…♪
ぜひ、外国人のお友達にこけしを紹介したいという方には
とてもおススメですね!!!!!

青森県地場セレクト
青森県青森市にあるアスパム内の物産のお店の方です。
当館にたびたびこけしを仕入れに来てくださっています。
通称:「じば美」ちゃんが面白くこけしを紹介していますよー♪
こけしの他、青森県の名物・アスパム内のイベントなども紹介されてますので!!

青葉こけし会
こちらも私がちょこちょことお勉強に活用しているブログです!
こけしコンクールなどの結果が写真付きでみることができるんです♪
私はこけしイベントに参加したことがないので
このブログをみて、こんな感じなんだぁと想像を膨らましております(笑)
本当に自分が行った気持ちになるんですよ!

仙台こけしぼっこ
当館でも大変お世話になってます!!
フェルトこけし・こけしの旅本など様々な商品を作られてますよー♪
またブログの方でも、数多くのイベント情報が掲載されているんです!
当館のイベントも掲載させていただいてます!
ぜひ、一度ご覧下さいませー!!!



☆問2 全国の【津軽こけし館】的な施設☆

①弥治郎こけし村 白石市のHPはこちらから

弥治郎地区の森の様子からこけしに至るまで
弥治郎の生活や民族、昔の歴史が展示してあります。
喫茶コーナーなどもあり白石市の名物!油を使わない麺で有名(?)な
温麺(うーめん)なども食べられるそうです♪
建物全体は円形で、その周りには芝生の広場やイベント広場が広がっているそうです。
こけしも含め、弥治郎地区全体を知り、楽しめる施設だと思います♪
また村の中には、津軽こけし館のフェスティバルにいつも参加して下さる
新山吉紀・真由美さんのこけし工房もあるんですよー!!


【弥治郎こけし村】
所在地:宮城県白石市福岡八宮字弥治郎北72-1
営業時間:9:00~17:00(冬季9:00~16:00まで)
入村料:無料
休村日:毎週水曜日(祝日の場合は翌平日)
TEL:0224-26-3993

②みやぎ蔵王こけし館  HPはこちらから

宮城県蔵王町にある施設。
1Fの展示コーナーでは遠刈田系のこけしや
全国のこけしや木地玩具など、
約5000点ほど展示してあります。
また、こけし館裏手には『こけしの道』と名づけられた遊歩道があり、
そこを進むと、新地こけしの里(こけし工人さんの工房の集落。)に行くことができます!

【みやぎ蔵王こけし館】
所在地:宮城県蔵王町遠刈田温泉字新地西裏山36-135
営業時間:9:00~17:00(最終入館は16:30)
入場料:大人(高校生以上 300円)
      小・中学生 150円
休館日:年中無休(年末年始は15:00まで)
TEL:0224-34-2385

③原郷のこけし群 西田記念館  HPはこちらから

福島市内から土湯温泉に向かう途中の“アンナガーデン”内にあり、
周りは山で囲まれ、福島市内を一望できます。
こけしを愛した故西田峯吉さんを記念する伝統こけしの展示館で、
西田峯吉さんのコレクション3,500本を含め約10,000本のこけしが収蔵されているみたいです。
西田記念館には3つの展示スペースがあり、
戦前の貴重なこけしなど約1300点が展示してあります!

そして現在、7月31日まで『WE LOVE KOKESHI!』が開かれており、
様々なクリエイターによる絵付けこけしやこけしをモチーフにした作品を展示しています!
まだまだ開催されているので、お時間がある方はぜひ一度
足を運んでみて下さいませー♪

【原郷のこけし群 西田記念館】
所在地:福島県福島市荒井字横塚3-183(アンナガーデン)
営業時間:9:00~17:00(最終入館は16:30)
入場料:大人 300円
     小・中学生 100円
休館日:年末年始(12月29日~1月3日)
TEL:024-593-0639

④カメイ美術館  HPはこちらから

カメイ美術館はこけしの他にも、
蝶や絵画の展示も行っています。
一年を通して様々なイベントを行っているので、
何度でも足を運べるようなところです♪
また、私がお世話になっている『伝統こけし最新工人録』も
こちらのカメイ美術館さんで発行しています!!

今現在もいくつかイベントを開催しているので
詳しくはカメイ美術館さんのHPをご覧下さい!!!!

【カメイ美術館】
所在地:宮城県仙台市青葉区五橋1-1-23
営業時間:10:00~17:00(最終入館は16:30)
入場料:一般 300円
     65歳以上高校生以下 無料
休館日:毎週月曜日(祝日は開館)
     年末年始(12月28日~1月4日)
TEL:022-264-6543

⑤日本こけし館  HPはこちら

宮城県大崎市の鳴子温泉にある施設ですね!
ここの日本こけし館さんは何と17人もの工人さんが日替わりで
実演を行ってらっしゃいます♪
全工人さんの実演を見てみたいですね!
またHPの方に実演当番を一覧で見ることが出来ますので
お目当ての工人さんに会えるチャンスです!
また日本こけし館の館内には、祈願こけしがあり
こけしの絵馬に願い事や希望を書いて写真のこけしに貼っていくことができます♪

↓こんな感じです♪
b0216431_19403158.jpg


日本こけし館のとなりには皇太明神神社があり
轆轤は廻るという事から、「幸運・金運・良縁が廻って来る」ということで、
開運の神として注目を集めているようです。

【日本こけし館】
所在地:宮城県大崎市鳴子温泉字尿前74-2
開館期間:4月1日~12月31日
営業時間:8:30~17:00(12月中は9:00~16:00)
入場料:大人 300円
     高校生 160円
     中学生 110円
     小学生 80円
休館日:無休
TEL:0229-83-3600


★問3 全国のこけし祭りを4つ!★

①全日本こけしコンクール(宮城県白石市)

日程:毎年5月3日~5月5日に開催(入場無料)
場所:白石市文化体育活動センター(ホワイトキューブ)

今年でなんと54回目!
昔から続く、こけしの一大イベントです。
全国のこけしはもちろん、創作こけしも大集合します。
各系統のこけし工人さんの実演も行われており、
こけしの製作風景が間近で見られます。
各系統の工人さんの実演が見れるなんて贅沢ですよね♪

また、地場産品まつりも同時に開催され白石市や近隣市町の
名産品も販売されるみたいです♪

今年度の様子(青葉こけし会さん)

②全国こけし祭り(宮城県鳴子町)

日程:毎年9月の第一土曜日とその翌日(入場無料)
場所:鳴子温泉街(メイン会場は鳴子小学校体育館)

約3000点ものこけしが集まるそうです。
会場の鳴子小学校体育館ではこけしの販売はもちろん
絵付け体験まで行われています。
他にも鳴子漆器の展示即売などが同時開催され
とても人気のあるこけし祭りです♪
(こけし祭り開催中は日本こけし館は入場無料!)

また、夜にはフェスティバルパレードやお祭り広場で
太鼓やみこしを楽しむことができます。

昨年度の様子(青葉こけし会さん)

③みちのくこけし祭り(山形県山形市)

日程:毎年10月
場所:ナナ・ビーンズ 6F「山形県芸文美術館」

こけしの三大祭りの一つで、
全国のこけし・木地玩具などの展示即売会を行っております。
みちのくこけしまつりでのコンクール入賞こけしも展示しており、
また直接こけし工人さんによる絵付け体験コーナーなどもあります。
5Fには山形こけし館もあるので
大人から子供までたくさんの方が楽しめるお祭りですね。

また会場近くには、
山形第一小学校を使用している文化施設「山形まなび館」があります。
東北の良さ、落ち着いた雰囲気の小学校、そして美味しいものや、
工芸品なども展示してありますよ。

昨年度の様子(青葉こけし会さん)

④ロクロ祭り(宮城県遠刈田)

日程:毎年秋頃(今年は10月みたいです)
場所:みやぎ蔵王こけし館

昨年は東日本大震災の復興を目的に『第23回福興全国伝統こけしろくろまつり』
として開催されました!
復興チャリティーなど、毎年様々なイベント内容で行われているようです。
無料のわたあめ、風せんコーナーなどがあり
親子で楽しむことができる祭りですね♪
(期間中は入場無料)

昨年度の様子(青葉こけし会さん)

どのこけし祭りも大人気です。
ぜひ、一度行ってみたいものですねー♪


☆問4 福島の事、どれくらい覚えてるかな?☆

①こけし関連 
『土湯温泉・佐久間亀五郎・下の松屋・渡辺キン・青坊主・ロクロ線』

土湯にこけしが誕生したのは、江戸時代の後期、土湯のこけし職人
佐久間亀五郎によると言われ、
その後土湯温泉を中心に発達し広がったとされています。
そして、土湯こけしは今現在「稲荷屋(湊屋)」「西屋」「山根屋」「加藤屋」
「松屋」(本家を上の松屋、分家を下の松屋)「中ノ沢」「岳」「鯖湖」として系列が分類されます。
また山根屋系列でも飯塚温泉で作られるこけしは鯖湖こけしと呼ばれ、
渡辺角治木地を挽き、妻渡辺キンが描彩をしたこけしが
とても美しいと有名です。
『角治・キンの夫婦合作こけしこそ世に云う「鯖湖こけし」の真骨頂である。』
といわれているそうです。(こけし時代VOL.3.5より)

土湯こけしの中でも一番特徴的なのが猪苗代で作られる中ノ沢こけしです。
中ノ沢こけしは『タコ坊主』『青坊主』の2種類にわかれます。
一般的な土湯こけしは、頭のてっぺんには蛇の目、
胴模様はロクロ線または返しロクロといわれる土湯独特の模様が特徴的と言われていますが、
この中ノ沢こけし(タコ坊主)は、目の周りが赤くギョっとした目、だんご鼻、
胴模様は牡丹模様と、とてもユニークでおもしろいこけしです。
青坊主は、頭のてっぺんが青色(緑色)で胴はロクロ線を主に描いています。

土湯こけしといっても作る産地などで全く違うタイプのこけしが生まれます!
その違うタイプのこけしを一つ一つ見比べてみるのも楽しいですよね♪

b0216431_16231743.jpg


②福島県関連
 『蒲生氏郷・赤ベコ・飯坂温泉・喜多方ラーメン・天のつぶ・スパリゾートハワイアンズ』

天生19年(1591年)蒲生氏郷が近畿地方から木地挽きの職人や
工芸品を作る職人をつれてきたそうで
「ここで(福島で)特産となる工芸品をどんどん作りなさい」と命令し、
今のような土湯こけし・赤べこ・絵ロウソクなどの民芸品が
生まれたと言われています。
b0216431_16241786.jpg


そんな福島には、東日本でも一位・二位を奪うほど大きい温泉郷(飯坂温泉)があったり、
南国をイメージした『スパリゾートハワイアンズ』という観光施設などがあります♪
ここで豆知識です!津軽こけし工人会の会長、阿保六知秀工人のフラこけしは、
阿保六知秀工人と山田店長がスパリゾートハワイアンズに行くことがあったそうなんですが
そのさいに発明されたそうです(笑)
また、物産も様々で、山田部長が大絶賛しており、
麺が少し太めで縮れ麺が特徴の『喜多方ラーメン』、
佐々木店長が近頃食べている、福島初のブランド米『天のつぶ』(天のつぶとは)など
おいしいものもたくさんあります!!!!!!
福島へ旅行に行きたいですね~♪


③福島市土湯温泉関連
『日本一のこけし雛・ひさごCafe・山水壮・愛知県鬼北町・アラフドの会・バイナリー発電』

土湯温泉は東日本大震災後、原発の風評被害等で観光客が減少したりと
とても苦しい状態だったのですが、
2月土湯の工人さん達が力を合わせて製作した
日本一のこけし雛』の展示、4月には津軽こけし館からも
山田さんや佐々木さんが『モモコ』繋がりで応援に行った
『土湯こけしまつり』など様々なイベントを行って元気に活動しております♪
今年の土湯こけし祭りには津軽こけし館のほかにも
土湯温泉と地域姉妹協定を結ぶ愛知県鬼北町から
『愛知ちんどん』さん、大阪にて開催された
「東北カワイイもの展」で土湯のチャリティー販売支援を
してくれたテレビ大阪の皆さんも応援に駆けつけたそうです。

私は土湯の街には行ったことがないのですが、いろいろな方のブログをのぞくと
津軽こけし館のフェスティバルにも参加してくれる陳野原工人が経営するお蕎麦屋さん「ひさご」、
その娘さんがやっている喫茶店『ひさごCafe』(ブログはこちら)、
地元のプロカメラマンのオーナーが集めたこけしをたくさん展示している「アサヒ写真館」さんなど
楽しい場所がたくさんあるみたいです!
私も一度はいってみたいなぁと思ってます♪

そんな土湯の皆さんは、今現在、『土湯温泉復興再生協議会』を作り、
土湯の温泉からエコな電気を作る『バイナリー発電』に挑戦しています。
復興再生協議会も40年ほど前に陳野原工人や旅館山水壮の社長さん達で作った
アラフドの会というものが元になっているそうで、
「震災に負けじと頑張ろう!」と昨年11月に出来たものだそうです。

ちなみに……愛知県鬼北町の愛治ちんどん↓
b0216431_18532871.jpg




いやー…;;長いですね;;
今回も頑張りましたよー;;

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。
どうぞ、採点のさいには
お手柔らかにお願い致します(汗)


それでは回答終わりますっ!!!!!!!
お疲れ様でしたーっ!!!!
[PR]
by tugarukokeshikan2 | 2012-06-03 20:04 | 抜き打ちテスト